季話§鴻鴈来~七十二候~寒露

寒露の初候“鴻鴈来(こうがんきたる)”である。

まさに冬を告げるがごとくの渡り鳥が飛来する時季がやってきたとい
うことなのか。

先週は、雨が降ったり晴れたりと天気がそこそこの変化をしたおかげ
で、季節がはっきりと“秋”と言えるようになってくれた。

衣類の入れ替えも、この連休でほぼ片がつくと思われるが、外出する
のに、とりあえず長袖のシャツでというのは決まってくれたものの、
上に一枚重ねるかどうかというのが微妙に悩ましい気温状況だったり
するのだ。

そういうワードローブの行ったり来たりを繰り返しているうちに、毎
日上着を羽織っていくようになり、それからウール物を着るかどうか
という選択が待ち構えているのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック