蟲話§カネタタキに苛まれる之圖

日曜日の朝、同居人が“寝る時に外でキンキンキンという音が……”
という話をした。何だろうと思っていたら、その日の午後遅くなって
ベランダあたりから“キンキンキン”という音が聞こえたのだった。

それで、コオロギの仲間だろうとあたりをつけて検索してみたところ
“カネタタキ(鉦叩)”という種類であると判明した。検索結果の中に
鳴き声のページもあったのでカネタタキだとすぐわかったのだ。

夕方から夜にかけても、活動している時間であれば鳴いていても他の
物音に紛れて目立たないのだが、就寝する頃になってしまうと話は別
である。

こちとら、最初は問題なく眠ってしまったのだが、同居人はしばしば
眼を醒まして、3時過ぎには眠れなくなってしまったというのだ。

それで、気がついたのが6時前のことで、件のカネタタキは不定期な
間を開けながらも頻繁に鳴き続けていたのである。さすがに、この先
も鳴かれたらたまらないので、発信源を特定してお引き取り願おうと
思ったら、これが見つからない。

最初は、家の外で鳴いているのかとベランダを探索したが“虫一匹”
見つからずの徒労に終わった。どうもおかしいと思ってベッドで横に
なって音の出どころを聞き分けていたら、我が家の中にいるのではと
いう結論に達したのだ。

探索すること一時間、敵はベッド上の天井近くの壁に張りついていた
のだ。かくして一気に捕獲! 2日間にわたるカネタタキ騒動の幕引
きができた。それにしても、あれだけの音量を出すにしては体長1cm
ほどの小さな虫で、こんな奴に悩まされたのかと何とも腹立たしい思
いを抱きつつ、2人して二度寝の寝床に就いたのであったよ。

【去年の今日】週話§祝日悠々~今日はオペラだ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック