詐話§モンドセレクション金賞???

金賞と麗々しく表示された食品をあちこちで見かける。それがモンド
セレクション
なるもので、何なのだろうと思っていたら、ベルギーの
団体が手数料を取って認定しているのだということがわかったのだ。

一応は“審査”なるものを行ったうえでの金賞認定ということなのだ
が、どれほどの意味があるものかと考え込んでしまった。

そういえば怪しい大学もどきが、いくばくかの金を出せば博士の称号
を授与しますなどというのがあって、いわば紙くずも同然な証書にけ
っこうな大金を出しているということが話題になっていたが、それな
りに歴史あるものとはいっても、似たようなものなのだろうと思った
のである。

とかく人間は、ある存在に対してそれがどのような価値があるのかと
いうことを知りたがり、そのための指標をほしがるのである。それは
クラシック音楽であればコンクールという機会に端的に表れていて、
何某のコンサートで1位を獲ったということが、かくも賑々しくマス
コミの手によって喧伝されるのだ。

それは、あくまでも第三者の判断であって自分がどう判断したかとい
うことではない。短絡的に、1位だから無条件ですばらしいのだと、
明らかに自分自身の判断を放棄しているのである。

人間が社会生活を営んでいくうえでは、様々なところでそうした怪し
い権威付けが行われている。そしてなぜか怪しいもののほうが、世間
の受けがよかったりするというのも、また不思議な現象ではないか。

【去年の今日】獣話§ペットが使い捨てで殺される

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック