週話§日曜呟き~ナベツネという老害~

またもワンマンマン渡邉恒雄を源としたトラブルが発生した。一たび
権力を手にすると、それが政治であれ実業の世界であれ、手放すもの
か手放すものかと……権力亡者の恐ろしさよ、である。

もちろん正確な事情などはわからない。常に報道などから聞こえてく
る発言などからの判断であるから、あるいは大いなる勘違いをしてい
るのかもしれない……そんなはずはなさそうだが。

「ブログやツイッターの普及により、知的訓練を受けていない人が発
信する楽しみを覚えた。・・・国民の知的低下を招く。ネット時代で
あっても責任あるマスコミが権威を持つ必要がある」

……以前書いたが、この新聞社はかくも差別意識に満ち満ちたコラム
を掲載するくらいで、そうであるがゆえにマスコミに対して不信感を
抱かれるということが理解できないというおめでたさなのだ。

繰り返しになるが、権威というものは“俺が権威だ。ひれ伏せ!”と
威張ることではなく、日頃からの信用をコツコツと獲得していくこと
によって培われるものではないのかと問いたいのである。

まずは、謙虚に自らを律することをしていただきたい。そうでないと
いつまで経ってもマスコミに対する不信が払拭されることなどない。

腐った企業はオリンパスだけではないのだ。

【去年の今日】週話§土曜悠々~霜降りてから桜まで~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック