責話§ノーブレーキ自転車で走る馬鹿

基本的な規則も守らない人間が、トータルとしての道路交通法を遵守
しているなどとは思えない。こういう人間に限って、事が起きた時に
は、自分が悪いからと謝るようなこともしようとはしないのだろう。

プロの競輪選手ですら――先日捕まったのもいたが――公道で練習す
る時には、ブレーキを装着して走るというのが約束事になっていると
いうのに、何を“粋がって”ノーブレーキピストで走るのだろうか。

自分は事故を起こさないという過信は、東電の原発事故の流れとほぼ
同様の発想でしかなく、だから事が起きた時には“想定外”だなどと
嘯くのである。

単に見通しがよくてだだっ広い道だけしか存在しないということなど
ありえず、普通の道で、急な事態に急停車しようと思っても、普通の
ブレーキの自転車の何倍の制動距離であるならば、事故は必至である
ということに思い至らないという、既にして未必の故意でしかない。

自分だけで事故を起こすのなら痛い思いをするのは本人一人で済むが
第三者を巻き込んでとなると話は違ってきて、単なる交通事故だとは
言えず、紛うことなき犯罪行為であると断言しておこう。

【去年の今日】悼話§野沢那智さん(DJ、俳優&声優)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック