ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐話§昭和三十年代〜修学旅行〜

<<   作成日時 : 2011/11/18 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

小学校高学年から昭和四十年代に入ってしまったが、固い話は抜きで
修学旅行の話である。

1年生の時はバス旅行はなく、市内の公園への遠足にとどまったが、
2年生は隣の市と県境挟んで隣の市の2か所を巡り、3年生はバスで
1時間ちょっとという我が県中央部の市内にある、こんな巨大な観音
様の見学に行ったのだ。

そんな具合で5年生までは日帰りのバス旅行だったが、6年生は1泊
旅行となった。行き先は江の島と鎌倉で、宿泊先だが今は存在しない
日本学生会館という、確か由比ガ浜の海沿いにあった修学旅行専用の
宿泊施設だった。

回るところといえば、お決まりのようなもので八幡宮に始まり、鎌倉
宮、源頼朝の墓、そして鎌倉の大仏を見て宿泊場所に向かうというも
のだった。翌日は片瀬海岸にある江ノ島水族館から江の島本島に渡っ
て最高地点にある灯台まで登って記念撮影をしたのである。

これにて全日程は終了。あとはバスで帰途につくだけだが、これがま
た時間がかかった。何が何って、関越自動車道など影も形もなかった
時代である。おそらくは国道16号線を北上し、中仙道に入ってという
ルートだっただろうが、子供心にも数時間かかったような気がした。

東京オリンピック終わって2年後の関東地方などこんなものである。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
懐話§昭和三十年代〜修学旅行〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる