旨話§我が家は土鍋でご飯を炊くのだ

ご飯を土鍋で炊くようになって、もう10年になるだろうか。もちろん
結婚してからは20年近く電気釜を使っていたが、キッチンをインテリ
アとして考えると、常に電気釜が表で見えるというのは微妙なのだ。

電気釜が表にあることで、いかにも下世話な様子になってしまうのを
好ましいと思っていなかった同居人が、思い切って電気釜から土鍋に
切り換えたのである。といっても、電気釜と土鍋の間にフィスラーの
ステンレス鍋の時期を挟んでいる。

フィスラーは蓋こそ普通だが、鍋底が多重になっているので炊飯する
のに何の問題もなく何年かはフィスラーの時期が続いた。そんな頃に
土鍋が出現してきたのだ。それで、使っている人の話を聞くと簡単で
しかもおいしく炊けるというのだ。

フィスラーで炊いていると、鍋の数が足りなくなったりもするので、
迷うことなく土鍋を購入したのであった。

土鍋のこととて、今使っているのは二代目の伊賀焼きで、初代の万古
焼きは二重になっている中蓋が割れてしまい、あえない引退を余儀な
くされてしまった。変わった二代目がこれまで頑張ってくれている。

炊き上がったご飯の味は言うまでもなくコンスタントにうまい。家族
2人ということで電気釜で保温する必要もなく、余ったご飯はラップ
に包んで冷凍すればいいだけの話で、炊き立てとはいかないが電子レ
ンジで解凍すれば、忙しい時のお助けとしてありがたい存在なのだ。

【去年の今日】週話§日曜悠々~○だ△的ピアニスト~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック