醒話§早起きになったのは2008年の春

いつ頃から6時過ぎに目覚めるようになったのか、エントリーを遡っ
ていったところ、こんな記述を見つけた。どうやら2008年の春過ぎた
あたりなのである。もう3年半になるのか……。

最初は本当に戸惑った。単純に睡眠時間が減ったことが“ショック”
といえば軽いショックだったのだ。それこそ、自分は8時間寝ないと
だめなのだという無意味な思い込みに何十年も縛られていたわけで、
それもまた愚なる固執だと言われても否定などできなかったりする。

そういう自分自身の内なる変化を拒否することなく、正面から受け容
れることが結局は必要なわけで、一年しないうちには現実を受け留め
はずなのだ。

そうなったらそうなったで早起きという境遇を活用すればいいだけの
話で、朝型と夜型で一時間くらいのズレで、夫婦それぞれ時差生活を
送っているというのは既に書いたことである。

結果的に自宅で一人の時間というのは朝のこの時間帯ということで、
その間はのんびりとネットの画面を眺めて過ごすという日課なのだ。

《老化のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック