ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 潮話§歩く速度が少しばかり緩やかに

<<   作成日時 : 2011/12/19 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

歩く速さが少しばかり緩やかになっているなあと感じる今日この頃。

人生の黄昏から40年ちょっと巻き戻してみるなら、中学生の頃が一番
歩くのは速かったように思う。実家から800mほどの道のりにあっ
た中学校へ徒歩登校するのに、およそ10分くらいでたどり着いていた
という記憶で、今だったら2割増しくらいの所要時間になりそうな気
がする。

体力的なこともあるだろうが、年齢的にあくせくしてどうのこうのと
いう気持ちが希薄になってきているので、そんな要素が合体した結果
の歩くテンポができあがっているのだろうか。

もちろん必要とあらば速足であるこことは厭わないけれども、必要も
ないのにガシガシと風切ってみたいな雰囲気は醸さなくなってしまっ
たようだ。

歳を取るのは寂しくもあるが、取ってみればみたでそんな自分の存在
を淡々と受け容れているということがわかるのである。どんなに抗お
うが、時の流れを止められる人間など、この世に一人としていない。

この世に生を享けた直後は、日がな一日眠ってばかりだったのが、は
いはいをしたり、つかまり立ちを経て歩き始める。歩いたら走るとい
う成長の時は過ぎて、人生の残り時間をぼーっと眺めようとするには
歩みの速度を緩めてやるほうがいいということなのだろう。

《老化のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
潮話§歩く速度が少しばかり緩やかに ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる