葡話§ワインをまとめて買った件[8]

[承前]

赤ワイン3本目はニュージーランドの“HAKA”2009年物の赤である。

画像

先月呑んだ同じHAKAの白と同様に、今ひとつ特徴が弱いというか、不
満の残るワインである。安いからゴクゴク呑めていいでしょうという
レベルであるとは、残念ながら思えないのだ。

ワインの味がわからないとは言ったが、自分の好みがどうであるのか
漠然とした価値基準のようなものは存在していて、それはしっかりと
した味であるかどうかというのが一番の基準で、それこそ気の抜けた
ような味は却下である。

白HAKAの時に書いたように、ラグビーのキックオフ前に相手チームを
威嚇する勇壮なダンスをイメージしていると肩透かしを食わされると
いうことで、やはりラベルのデザインひとつ取っても、それによって
消費者のイメージするところがあることを、生産者も考えるべきでは
ないかと切に思ったのだった。

4本目については、先週空けてしまったので週明けにも書いてみよう
と思うが、どうも何というか感想になっていないということに今さら
気がついてしまって、どうしようかと考えているところなのである。
                            [続く]

【去年の今日】共話§待降節独墺旅[16]ラインの黄金

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック