悼話§金正日さん(近くて遠山の)

北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が17日に死亡したとのニュー
スが日本で報じられたのは昨月曜日の昼だった。治世17年余。

特に独裁者と呼ばれる人間達には長寿願望が激しいと思われるのだが
彼の場合は、間違いなく贅沢病が引き金だったと想像してもおかしく
はないだろう。

これで朝鮮半島情勢がカオス化するのは確実であるし、最悪の事態だ
ってないとはいえないと何ともな次代に何とも不安定な状況が生じて
しまったものだとは、相当に複雑な内心なのである。この先、年末に
向かって日本からの韓国ツアーも現実的に減る可能性だってないとは
いえない。

1994年7月に先代の金日成が死亡した時は、ドイツは黒い森の街ルー
ドヴィヒスブルクにいた。ホテルにチェックインして部屋のテレビを
つけたら、死亡のニュースが流れたのだ。

その時、ジョン・エリオット・ガーディナーがイングリッシュ・バロ
ック・オーケストラを指揮した演奏会形式『ドン・ジョヴァンニ』を
聴きに行ったのだった。ちなみにその時のコンサートがアルヒーフか
らCDに録音されて発売されている。そういうこともあって、CDジ
ャケットを見るたびに死んだ先代を思い出すのだった。

【去年の今日】憶話§メモしたブログネタの内容が?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック