節話§乃東生~七十二候~冬至

冬至の初候“乃東生(なつかれくさしょうず)”である。

冬至である。寒さもこのところ厳しさを増してきていて、朝目覚めて
外の駐車場にある車の屋根の霜の厚みがけっこうなもので、陽が当た
っても溶けるのに時間がかかっているのがわかる。今週は、日中でも
10度くらいまでしか気温が上がらずで、夜はさらに冷え込んだのだ。

冬至ということで、我が家でも当日か前後には柚子湯をしてみる。柚
子2個くらいを布袋に入れて浴槽に浮かべ、入りながら実を揉んで果
汁を湯に混ぜ込んでやる。さすがに生の柚子の香りは馥郁として浴室
を満たしてくれる。

陽は伸びてきたが、寒さはこれからが本格的になるのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック