節話§麋角解~七十二候~冬至

冬至の次候“麋角解(さわしかのつのおちる)”である。去年は麋角解
の由来について書いたようだが、同じことを繰り返すのも能がないの
で、由来については最後のリンクを参照してください。

東京も寒くなった。まして東京都下郊外に立地している我が家の外気
温は6時頃で3度ほどを示すという毎朝なのだ。

一昨日の日曜日、有馬記念が行なわれた千葉の中山競馬場では、レー
スが終わった直後からちらちらと小雪が舞い始めたが、積もるほどで
はなかったようである。

冬至を過ぎて、この国の寒さは本格的になっている。既に北国では、
ドカ雪に見舞われている地域もあって、雪かきの映像がニュースに流
れていた。

というところで今年の七十二候はここまで。来年は元旦に冬至の末候
“雪下出麦”でスタートする。

【去年の今日】季話§麋角解~七十二候~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック