未話§観たことのない歌舞伎の演目が

歌舞伎見物にせっせと通うようになってようやく10年が過ぎた。とい
うところで、まだ観ていない演目がいくらでもあるということに思い
を馳せている。

大物でというなら『摂州合邦辻』である。観ていないばかりでなく、
大雑把な筋も知らなかったりするのだ。観ていないから上演していな
いというわけではない。一昨年の暮れには、菊之助が玉手御前を演じ
て上演されているのだ。

ただ、この時は日生劇場で公演というのが今ひとつ食指がそそられな
かった理由だったりする。観たことがないのだから、劇場がどこであ
れ観に行くのだと言われれば、返す言葉などはないのである。

合邦辻と並んで観ていない演目に『天衣紛上野初花』がある。中でも
『雪暮夜入谷畦道』……いわゆる“直侍”を一度も観ていないという
のも、ずいぶんな話ではないか。少なくとも一年や二年に一度くらい
は上演されているはずなので、どうにも巡り合わせが悪いといか言い
ようがない。

なので、追っ手が迫っている中を入谷の蕎麦屋に入り、さらっと蕎麦
を手繰る直次郎の生の舞台を観ていないとは、まさにこれいかになの
である。

『摂州合邦辻』は、なかなか上演されないだろうから、まずは直侍か
ら片付けなくてはならない。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック