惜話§節電~夏と冬ではどうしても~

去年、夏の間はかなり冷房を控えたりしていたが、この冬の寒さには
暖房を使う機会も多く、不本意ながらな電気代の額になってしまって
いるのだ。

夏の暑さについては、ある程度の工夫次第で電気の使用量を減らすこ
とができた。昼間はセーブしつつも、睡眠中はエアコンを使うとか、
使用範囲を決めて進めてきた。

さすがに冬は……睡眠中は羽毛布団のおかげで寒さ知らずでいられる
が、朝は起きたらガスストーブをつけたりして、まずは冷えた部屋を
暖めてやらねばならない……そんな年齢になってしまっているのだ。

このところの寒さだと外気温が2度とか3度で、我が家の朝の室温は
13度まくらいまで下がっている、そこから何とか18度くらいまで上が
ってくれると何とかかなという感じにはなってくれる。

居間はガスストーブだが、例えば洗面所はパネルヒーターだし、勉強
部屋はエアコンで暖めつつ、足元は二人して足温器のお世話になるの
で、それやこれやで冬の電気代がかさむことになるのだ。

暖房のお世話にならないというのは、多めに着込んだり厚めの靴下を
履くとかしてもなかなかに難しく、まずは室温をある程度までは上げ
てやってからでないと、コントロールするのは難しく、それが何とも
悩ましいことである。

【去年の今日】慮話§大野和士~指揮者という激務~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック