週話§土曜閑居~バッハの管弦楽組曲~

確かに、実演を聴く機会は圧倒的に少ないような気がする。何かとい
うと3番のアリアは演奏されるが。

……などといきなり書いたところで、今日の午後はフライブルク・バ
ロック・オーケストラを聴きに三鷹まで行ってくる。演目はバッハの
管弦楽組曲を4曲全部というもの。こういう潔いプログラムは大好き
である。しかも、4曲とも過去に実演を聴いたことがないのである。

録音では特に有名どころの2番、3番がよく聴いているのだが、1番
や4番は意外と聴かずにここまできてしまった。

今回は三鷹の芸術文化センター風のホールで聴くことにしたのだが、
それは去年オペラシティで聴いたラ・プティット・バンドの音量が、
自分にとってあまりにも小さく、満足に聴き取ることができなかった
ということで、オペラシティでのフライブルクではなく三鷹を選んだ
のである。

三鷹の風のホールは625席とオペラシティの三分の一ほどなので、
まあ何とか聴こえるだろうとは思う。ただ彼らのCDを聴いて驚いた
のは、例えば2番の編成などは最小単位でしかなく、管弦楽というよ
りは、もはや室内楽ではないかと感じているところで、さて実際はど
のように耳に届くのだろうか。

【去年の今日】懐話§昭和三十年代~エスカレーター~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック