ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 凍話§手袋をすると手が冷たいのだ

<<   作成日時 : 2012/01/27 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

冬になっても、よほどの寒さでなければ手袋をすることなどはない。

別に手袋なしでも、多少寒いくらいだったら別段のこともなしに外で
活動することはできる。それと、手袋をすることで手の感覚が鈍くな
るのもあまり好きではなかったりするのだ。

ということとは無関係なのだと思うが、手袋をしても手そのものがな
かなか暖かくなってくれず、長いこと冷たい手のままだったりするの
には困る。なぜなのか理由はわからない。手袋がないまま表に出ても
気がつけば手は暖かくなっているのに、なぜか必要以上に時間がかか
るような気がするのは何とも不思議である。

それは革手袋とか毛糸の手袋の別なく、とにかくはめた直後からちっ
とも暖まってくれないのだ。むしろ、手袋をしないで手を軽く握って
いるほうがさっさと暖かくなってくれるような気がしないでもない。

これはもう、自分と手袋の相性のようなものであるのか、もっときち
んとした理由があるものかはわからず、本人にしてみれば、せっかく
手袋をしているのになかなか暖かくなってくれないことに、苛立ちを
おぼえるのである。

ちなみに、北海道生まれの同居人は“手袋を履く”と言うのだ。

《天気のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
凍話§手袋をすると手が冷たいのだ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる