檸話§そのレモン・・・ちょっと待て!

レモンが苦手であるとかそういうことではないという前提で話を進め
るのだが、何人かが集まって居酒屋で呑む時のお話である。

それが例えば鶏の唐揚げのような揚げ物を注文して、テーブルに届く
やいなや、皿の上のレモンに手を出して“全部に!”搾りかけるお節
介者の一人か二人か……必ず存在するというのは、いささか不届きな
ことではないか。

どうして勝手に全部にかけてしまうのか。中には柑橘類の酸味が苦手
だという人だっているはずなのに、なぜかお節介者が先に手を回して
かけてしまうのだ。

搾りかける前に、全員に一言たずねるのが礼儀であろうと思うのであ
るが、そんなことなどどこ吹く風で、自分がかけたいという以上に、
他人への配慮のない人が時折いるのは困ったものである。

何というか、レモンを絞る様子を観察していると、それが“居酒屋の
礼儀”であるかの如く、当然のこととして作業を始めてしまうのだ。

個人的に柑橘類は平気だが、なぜレモンをかけてくれるなというのは
単純で、かけたらその瞬間に揚げ衣がしんなりとしちゃって、香ばし
感が損なわれるではないかというのが至極真っ当な理由なのである。

【去年の今日】季話§鶏始乳~七十二候~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック