測話§大きさとか具体的に理解させる

ある物体の大きさであるとか、高さ、あるいは容積などのようなもの
を発信者がわかりやすく表現するための手段として、様々な物が基準
として使われる。

警察の押収物――ピストルとか覚醒剤とか――だったりすると、昔で
あればハイライトの箱を横に置いたりしていた。今だったら何だろう
と思ったが、最近あまりその手の映像を見ていないことに気がついた
のだ。それこそ携帯電話であるとか、そういった類でも横に並べたり
すれば、受け手にもわかりやすいだろうとは思われる。

その他には、東京ドーム何杯分みたいなのもあるが、これはドームの
イメージが大きすぎて、何杯分とか言われても実感がわかないような
感じがするのだけれど、どんなものだろうか。

このところの存在で比較する対象が見つからないでいるものに、スカ
イツリーがある。高さが634mというのがそもそも想像できない。
東京タワーの333mと比較すれば、ほぼ倍の高さということだが、
そう言われても見当がつかない。

間近なところで、浅草は隅田川畔からの威容を見上げたことはあるの
だが、何を言っても比較する対象がなく、東京タワーをすぐ隣にでも
並べてほしいと思っているくらいである。

【去年の今日】浄話§相撲愛好者としては~春場所中止~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック