節話§黄鶯目見睆~七十二候~立春

立春の次候“黄鶯睍睆(うぐいすなく)”である。

週明けの月曜日と火曜日には、冷たい“春雨”が降った。最高気温が
15度を超えるという予報もあったが、我が家のあたりでは10度よりも
上がることはなかった。ただ、火曜日の夜の帰宅時間の体感気温は、
あまり低いとは感じなかったのだ。

昨日の朝も目覚めて居間に行ったら、そう寒いとは感じなかった。ひ
ととおりの段取りを済ませてパソコンの前に座り、マウス操作を始め
たら、このところ冷え冷えで手を冷たくするばかりだったテーブル面
が“常温”に感じられ、手が冷たくなることはなかったのである。

とはいえ今週末も冷え込みが予想されていて、この時期の気温変化は
春に向かって登ったり下ったりな山道のように見えてしまう。春とい
う頂は、見えていそうで遠いところにあるのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック