ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 生話§政府 休眠預金を震災復興費用に

<<   作成日時 : 2012/02/17 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

銀行などの金融機関に預金をして、出し入れとか何ら動かすことない
ままに10年放置された預金は銀行のものになることは、多くの人が知
るところだと思われる。

その休眠が終わって銀行繰り入れとなるはずの預金に目を付けた政府
が、それを震災復興基金として召し上げようというアイデアなのだ。
もちろん、突然の思いつきみたいな発想で、無茶ぶりなところがある
のは否定できないところか。

銀行が難色を示しているというのは無理からぬことだとは思うが、こ
こは銀行も義侠心を発揮して、今後5年とか10年とかの時限でもかま
わないので、紆余曲折はあるにしても、10年で数千億円が復興の費用
として使われる意義は大きいだろう。

現在の財源に加えて数千億円が動くことでの経済効果というのも見逃
してはならないと思うのだ。銀行に置かれたままでの資産運用と比較
してみても、決して空撃ちにはならないと考えるのである。

10年の間、銀行は運用していたのだから、ある意味で銀行は元は十分
に取ったと言えるだろうから、その後は震災復興のためと割り切って
休眠預金の新たな活用法と位置づけて有効に使ってほしいと思うのだ
が、いかがなものであろうか。

【去年の今日】醜話§新しい劇場に付いている手すり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
生話§政府 休眠預金を震災復興費用に ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる