睡話§寝台特急がまた一つ消える

旅には多くの選択肢があればあるほど楽しい。

各駅停車でトコトコと歩を進めてもいいし、超特急でさーっと目的地
に着いちゃってもかまわない。選択肢が狭まるのは旅の楽しみの多く
を奪うことにも繋がりかねない。

そんな選択肢の大きな一つ、青森と大阪を結ぶ寝台特急の日本海が、
3月16日の運行をもって廃止になるというのだ。こうして数少なくな
った貴重な選択肢が、また一つ消えることになってしまった。

夜行寝台列車に乗るなどとは、30年ちょっと前に青森から上野までを
利用した一度だけで、乗ってしまえば酒でも呑んで寝るしかなく、旅
情みたいなものよりは素っ気なさが勝ってしまった記憶なのである。

この先、定年後にでもなれば、上野と札幌を往復しているカシオペア
とか北斗星といった、ちょっと贅沢な寝台特急にでも乗ってみようか
などと考えている。

これとて、時間に余裕ができるからこそ可能な、時間の贅沢な使い方
で、景色こそ楽しめない夜の移動ではあるが、半日をかけて北海道ま
で移動するという……飛行機なら一時間ほどで北の大地にたどり着く
ところを、何とものんびりしたものではないか。

もっとも、夜行寝台を利用するのは行きか帰りのどちらかで、どちら
かは飛行機を使うことになるだろうなとは、これも選択肢の一環であ
るというよりは、そこまでの長旅を持て余しそうな気分もありそうで
ということなのだ。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック