節話§桃始笑~七十二候~啓蟄

啓蟄の次候“桃始笑(ももはじめてさく)”である。

寒さが長引いたせいか、今年は梅もまだ見かけていない。我が家の周
囲には梅の木も桃の木もないので、咲いたのかどうかの確認すらでき
ないのだ。

などと思っていたところ、昨日行き道の電車の窓から桃の花が咲いて
いるのを見つけた。梅とも桜とも違う……まさに桃色の花びらを一杯
つけた木が一本、寒い雨の中を健気に立っていたのだった。

雨模様の日も増えて、3月も三分の一が過ぎていくのだが、ようやく
気温もゆるゆると上がってきているところ。それでも降る雨は、まだ
寒々しいものがあって、春分まであと10日という実感いまだしな我が
身である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック