節話§雀始巣~七十二候~春分

春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。

多くの樹木は枯れ木状態で、鳥達が枝から枝へと飛びかう様は、いか
にも寒々しいものがある。これで葉が茂っていたらそんな姿も見えな
いままだったりするのだが。

この分だと桜の開花が、かなり4月へとずれ込んでいくことは間違い
のないところだが、記憶を辿ると4月中旬の中旬過ぎ20日近くまで咲
き残っていたこともあったから、あるいは連休のかなり近くまで残る
のではないかと想像している東京都下三多摩南部なのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック