週話§日曜閑居~弥生尽~

3月の最終日曜日……来週日曜日は4月1日、新年度が始まるのだ。

俳句の季語に二月尽とか三月尽とあって、3月は加えて“弥生尽”と
いうのもある。偉そうな単語だが、要するに2月が終わるとか3月が
終わる……“尽きる”というだけの意味である。

時の経過、そして季節の移ろいの観察者たる日本人は、そんな様子を
形容するために豊富な語彙を創り出したのだ。今に生きる我々は、そ
んな創造物のおこぼれにあずかっているに過ぎない。

できうることなら、そうした精華を少しでも自分の文章に生かしてい
きたいとは、拙い文章を書きながらのささやかな願いだったりする。

【去年の今日】謐話§静かな静かな都会の情景

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック