ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 週話§土曜閑居〜花形歌舞伎仮名手本〜

<<   作成日時 : 2012/04/14 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は新橋演舞場四月花形歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』夜の部である。

同居人と話していて同じようなもんだと苦笑したのは、昼の部最後の
お軽と勘平の道行と、義経千本桜の静御前と狐忠信の道行がごちゃ混
ぜになる時があるということ。

ごっちゃになるのもむべなるかなというのは、仮名手本も千本桜も、
台本を書いたのは二代目竹田出雲、三好松洛、並木千柳の3人で、そ
れが理由ではないにしても、道行の様子などに似た雰囲気を感じさせ
るのだ。

同様に、勘平の切腹と権太が父親に刺されて絶命する件も、舞台観劇
している時はともかく、ふとした時に頭の中でごちゃついている自分
に気がつく。もう少し頭の中で整理したほうがよさそうである。

【去年の今日】添話§死者に励まされて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
週話§土曜閑居〜花形歌舞伎仮名手本〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる