連話§ワタシの酒肴[55]鶏唐揚&竜田揚

[承前]

鶏唐揚とは別に鶏の竜田揚げがあって、どちらかというと竜田揚げの
ほうが好きなようである。

唐揚とは、どこがどう違うのか調べてみたら“肉に下味をつけて、そ
れを唐揚仕立にする”ということで、同じ唐揚でも違うものであるな
と思う。普通の唐揚は、揚げ粉に味が付いていると考えればいいので
あるわけでござるな。

子供のいる家庭ならば、皿に山盛りの唐揚が食卓を飾るのだろうが、
年寄りの食卓は、酒のアテに数個の竜田揚がちんまりと皿にのり、そ
こから一個か二個を同居人が口に運ぶという、何とも穏やかな光景が
繰り広げられる。

ここにおいて唐揚は、もはやパワフルな揚げ物ではなく、主役の座か
ら脇に回って邪魔にならないようなひそやかな存在へと変貌するので
ある。要するに、そんなには食えないということでしかないのだ。

ところで、唐揚もまた個人的にはご飯のおかずにならない類で、まさ
に酒の肴の地位に専念しているばかりである。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック