翠話§萌え匂い立つ緑~気がつけば~

桜が散って、間を置かず木々に新しい緑が芽吹いてきている。家を出
るのにドアを開けた瞬間、ふわっと若い緑の匂いが漂ってきたような
気がした。

画像

上の写真は、昨日の朝に我が家の窓から見た緑の様子である。うまい
こと緑の色が出ていないのが残念だが、本当の色はもう少し浅い緑で
白がかった緑とか、薄い抹茶色である。……もっとも、そんな程度の
貧しい表現でしか、あの若々しい息吹を描写することができないのは
もどかしいことでもある。

昨日は数日ぶりの快晴の一日で、日中の気温もずんずんと上がってい
き、暑いくらいの陽気になった。昼頃には20度を越えていたはずで、
食事をするのに表に出たら、上着は必要ないことに気がついた。

さすがにここまできたら、ガクンと気温が下がるようなことはあるま
いと思うのだが、連休に入っても今年のこれまでの天気推移を考える
と、ゆめゆめ油断は禁物であるのだが。

この時期、もう一ついいことは、多くの皆さんが花粉症から解放され
るということであろう。ずいぶん前、花粉症持ちとの酒呑み話で……

「これから梅雨に入るくらいまでの時期が、我々にとっては一番幸せ
な季節なんです」


……と言っていたなあと、しみじみ思い出すのである。もちろん、花
粉症持ちではない我々にとっても、この時期は秋晴れの候と並んで、
五感が伸びやかになるような季節なのである。

【去年の今日】籠話§2005年以来の風邪~安静の大獄~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック