ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 光話§太陽の伸び縮みは一日一分

<<   作成日時 : 2012/04/26 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日の日の出は4時56分、日の入は18時23分である。ずいぶんと日が
長くなった。連休中には18時半まで伸びていってくれる。自分の地域
の日の出&日の入りを調べたいという人はこちらへ。

とはいっても6月下旬から7月上旬にかけての19時1分を境にして、
12月中旬に向かって日は短くなり始めてしまう。それに6月半ばは、
残念なことに梅雨の候で、晴れと雨とが混在すること多く、日の長さ
を享受するという環境ではないのだ。

だから、これくらいの時期から6月くらいまでの間が、心持としては
いい気分の夕方を過ごすことができるのである。これが7月に入って
しばらくすると、何となく日の入りが早くなっていくような……坂を
下るようなそんな雰囲気になって“ああ、日がどんどん短くなってい
くのだなあ”と、珍しくもネガティブ思考に入ってしまう。

普段、ほとんどネガティブな思考を持たないのだが、こと日の入りに
関してはネガティブと呼ぶのは大げさにしても、早く暗くなる寂しさ
のような感情が強めに沸き起こってしまうのである。

なお、東京で夏至の頃に19時1分の日の入りが冬至の頃には16時28分
となり、半年の間に2時間半ほど早く日が沈むのだ。大雑把に一日で
一分……これぞまさに、太陽活動の伸び縮みではありませんか。

そういえば、ほぼ一か月後の5月21日は久々に日本国内で金環日食を
見ることができる。これまで数十年を生きてきて、部分日食は何度か
見たが、皆既日食も金環食も一度も実物を見たことがない。天の神様
には、なにとぞ5月21日を五月晴れしてくださりますよう、切に切に
お願い申し上げる次第でございます。

【去年の今日】却話§JR福知山線事故から6年

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
光話§太陽の伸び縮みは一日一分 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる