探話§GPSによる位置探知を自動車に

昨今は多くの車にカーナビが取り付けられている。個人的には日本で
カーナビは不要だと思うが、それはまあ別の話である。

カーナビのGPSとは別に、自動車のエンジンルームとかの深い部分
にGPSを埋め込むことはできないだろうかということなのだ。要す
るに盗難されたときの位置を割り出すための仕組みとして考えればよ
ろしい。

それで、どこがGPSの電波を捕捉するのかといえば、まずはディー
ラーと契約している保険会社、それにJAF(会員であれば)といった
機関が請け負えばいいだろう。それで、事が起きたところで位置捕捉
を依頼する。自宅のパソコンにそうしたアプリケーションを入れるこ
とも難しいことではあるまい。ただし、あくまでも個人情報というこ
とをきちんと管理する必要はある。

実はというか、かなり旧聞に属するというその昔、車を盗まれてしま
ったことがある。場所は車検に出していたディーラーの駐車場で、夜
中に表通りに停めた自動車運搬用のトレーラーに堂々と積み込んでい
ったらしい。

このことを思うたびに、車に位置情報を発信する機能さえ取り付けて
おけばと忸怩たる思いだったのである。それこそ、エンジンルームを
丸ごとはずさないと取り出せないような場所に組み込んでやればいい
ではないか。

そうなったらそうなったで、盗みのグループは電波を遮断させる対策
を講じようとするかもしれないが、そこまでの労力に見合わないのだ
ということを知らしめてやればいいのだ。

【去年の今日】倹話§意識して電気をコントロール

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック