仕話§レストランでナイフなどを落とす

何らかの機会に覚えたはずなのが西洋料理を食べる時のテーブルマナ
ーで、どうやらこうやらこなしているというところだと思ってはいる
のだが、そういう人達ですら・・・ということがある。

それは、レストランで食事をしている時、たまたまナイフやフォーク
といったカトラリー類を床に落としてしまったのを、自分で拾い上げ
ることで、落としたものは、店のスタッフが拾い上げて代わりのカト
ラリーを持ってくるのを待つというのが正解。

ところが、これを10人中8~9人近くのお客さんが拾い上げるか拾お
うとするのである。頭ではスタッフが拾うのだとわかってはいても、
落としたという“小さな失敗、あるいは小さな失態”を糊塗しようと
体のほうが自然に反応するように思われる。

何というか、頭と体が裏腹に反応する典型的なケースではないだろう
かと、自分が落とした時も思わず拾い上げようとして思い留まったり
したことを思い出す。

あるは、これが日本人的なる身体反応なのだろうかとも考えてみるが
いかがなものだろうか。もちろん、スタッフと呼ぶ人間のいない自宅
で落とした時、自分で拾うのはもちろんのことである。

【去年の今日】決話§日本人は忘れることで

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック