ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 終話§閉店癖の場所〜なぜか長続きが〜

<<   作成日時 : 2012/05/14 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

会社に向かう地下鉄出口の階段途中にあった軽く呑めるバーみたいな
店が閉店した。2年は続かなかったような気がする。その前にあった
店は、それこそあぁっという間に店じまいしたのだった。

もっとも、さらに遡ると20年以上続いた居酒屋があったのだが、それ
が閉店して以来は定着率が悪くなってしまったのだろうか。それにし
ても、地下鉄と地上を行き来するというのは位置としては悪くはなさ
そうな気がしていたのだ……。

あるいは、そこまで来てしまったのなら家路を急ぐというような意識
が働くということか。そうしてみると、よさそうな立地が中途半端な
ものに見えてしまう。

それに、そもそも自分自身も入ったことがないままだったのは、いか
なる理由によるものか……翻って考えるなら。どうも“居酒屋”とし
ての位置づけが中途半端なように感じられてしまったということが大
きい。

そんな風に見える呑み屋に、それでも入ってみようという好奇心は希
薄なほうだから、結局は足を運ばないままに閉店ということになって
しまったのだ。

ところで、すっかり本題から逸れまくってしまったが、いかにも立地
がよさそうだと素人目に見える、例えば交差点の角というような店が
定着せずに新装開店とあえなく閉店を繰り返すというのは、まさに貧
乏神というか閉店の神様でもいるのではないかとすら思うのである。

【去年の今日】週話§土曜呟き〜明治座デビュー〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
終話§閉店癖の場所〜なぜか長続きが〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる