連話§ワタシの酒肴[56]揚げ出し豆腐

[承前]

初めて揚げ出し豆腐を食べたのは、会社に入ってのことだから、もう
30年以上も昔の話である。

仕事を始めて2、3年という時期で、たまたま仕事が早く終わった時
に目星をつけていた居酒屋にふらりと一人で入って、酒と夕飯をとい
うつもりにしていた。

この頃から一人で酒を呑むことを覚えたようで、それは自分が呑む酒
のペースを形成してくれたと思っている。その店は一口ステーキがメ
インだったが、和食メインのメニューの中に“揚げ出し豆腐”があっ
たのである。

片栗粉か小麦粉をまぶした豆腐を揚げて大根おろしと出汁というのを
初めていただいた時……世の中にかくもうまいものが存在していたの
かと狂喜したのだった。

元々が豆腐好きで、酒のアテとして一番指名する人間にしてみれば、
これぞまさに酒肴の鑑であると、それ以来居酒屋でメニューにあれば
必ず注文するようになったのだ。

そういえば、ほぼ同時期に“土佐豆腐”なるものがあることを知った
のだが、それは揚げ出しの衣を鰹節にして揚げたもので、これは一軒
で食べて以来、他の店でということがない。食感は片栗粉で揚げたの
と比べると違和感を感じるが、それはそれ、これはこれなのである。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック