楽話§リヒャルト・ワーグナー199歳

去年も書いているが、いよいよリヒャルト・ワーグナーが生誕199
年を迎え、明けて2013年は生誕200年の記念年ということになる。

今年、ミュンヘンのオペラハウスでは『ニーベルングの指環』新演出
がスタート。今度の日曜日には『ジークフリート』が初日を迎える。
残る『神々の黄昏』は、6月の末に初日となり、7月のオペラ・フェ
スティバルで4作品通し上演の運びとなるのだ。

そして総本山のバイロイトでは、記念年に『ニーベルングの指環』新
演出を出してくる。そのために、去年と今年の2年連続して指環を休
むというスケジュールにしたのである。

おそらくは、少なからぬ欧米の歌劇場でワーグナー作品の新演出上演
あるいは蔵出し上演が盛んになるであろう。忘れてはいけないことと
しては、ヴェルディもワーグナーと同い年で、であるから当然ながら
ワーグナーとヴェルディが競演する2013年になるのだろう。

翻って、我が新国の状況は何ともお寒くて、そういう記念の年などと
は無関係な動きであることにもどかしさを覚える。開場して早15年を
数える仮にも“オペラハウス”を標榜している劇場が、ワーグナーも
ヴェルディもおざなりの上演でお茶を濁すなどという……はなはだも
ってお寒い状況ではありませんか。

【去年の今日】楽話§リヒャルト・ワーグナー198歳

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック