節話§梅子黄~七十二候~芒種

芒種の末候“梅子黄(うめのみきばむ)”である。

梅干が苦手である。この年齢になって少しばかり食べるようにはなっ
たが、それは果肉をむしっておにぎりの中に入れ込んだ程度のもので
しかない。あれを丸ごとむしゃぶりつくなど……夢のまた夢である。

酸味に関しては、なかなかに好き嫌いがあって、柑橘類の酸味は苦手
ではないが、その柑橘系もタイ料理のトムヤムクンのような柑橘酸味
と辛味が合体するとなると、苦手の範疇に仲間入りしちゃうのだ。

合わせ技で敢え無く苦手入りするというのも申し訳ない話ではあるが
味のバランスの好みというのは、それほどに微妙なものなのかもしれ
ないと思うのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック