週話§日曜閑居~クリーニング店が~

ちょっと車を走らせる必要はあるが、なじみということで通っていた
クリーニングのお店が6月一杯で閉店するということを聞いたのは、
4月初めくらいだっただろうか。

自動車を運転するようになって以来の利用者だから、優に20年は経っ
ていて、店の人の顔も一通り知っているから、話が早く通じることも
多々あったのだ。長い時間をかけてじんわりと築いてきた関係が消滅
するのは何とももったいない話である。

考えてみれば、店が開店したり閉店したりということが、自分の来し
方の中でどれほどあったかと思う。一度だけで、二度と行かない店も
たくさんあるが、こうして何十年も世話になる店も少なくないのだ。

多少遠い立地である店でも、こちらが使いやすいと思えば、いとわず
出向くものなのである。

というわけで長いことありがとうございました。

【去年の今日】哭話§被災地が泣いている~我々も~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック