週話§日曜閑居~新国立劇場次期監督~

再来年2014年からの新国立劇場音楽監督に、オペラの経験が長い飯守
泰次郎が就任するというニュースが伝わってきた。本来だったなら、
若杉弘の後任になるべき人であったはずである。

それが、どういう力学が働いたのかわからねど、ほとんどオペラとオ
ペラハウス経験のない指揮者に監督を任せるという……素人だってそ
れがどういうことかわかるような人事を平気で行なうような、事務方
には既にその手の体質が蔓延しているのだろう。

飯守泰次郎のように、オペラの中の人が日本人の中に増えてきた。ぱ
っと思い浮かべただけでも中堅、若手の数人はすぐに名前が出てきて
くれる。

ここまでオペラ指揮者の人材が育ってきているのだから、今さらコン
サート指揮者が入り込む余地はないと思うのであるが、事務方の体質
だからわからない。いい加減に、訳のわからない人事だけはしてほし
くはないというのが偽らざる気持ちなのだ。

任期は4年。これまでに培った豊富な経験を新国に残していってもら
いたいものである。

【去年の今日】耐話§今年初の熱帯夜であったのか

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック