相話§同居人の年金・・・

先週のこと、同居人宛てに年金支給に関する案内が郵送されてきた。
60歳の誕生日を過ぎた時点で、必要な書類を揃えて申請をしろという
ことのようなのだ。

結婚してもしばらくの間は仕事を続けていたので、厚生年金から本当
にいくばくかではあるが、60歳を期に支給が始まるというのだ。これ
は“前哨戦”でしかなく、メインとなる国民年金の全額支給までは、
あと5年の年月が必要だったりする。

昨今の財政事情を考えるならば、5年という時間の間に何が起こって
もおかしくはないとは思うが、せっせと支払っていた多くの人間達の
思いを大事に考えてほしいということに尽きるのではないかと思う。

特に若年層に年金への不安とか不信というものが広がっていることは
十分に理解できるし、そういう権利が近づいた我々のような世代にし
ても、はたしてきちんと年金が支給されるものかという疑念がないわ
けではない。

そう考えても無理のないことだが、権利の発生が近い世代も、この先
まだまだ払い続ける世代も、何とかきちんと支給されるように知恵を
絞らねばと思う今日この頃なのである。
                            [続く]

【去年の今日】硝話§ブログ~日々0時の更新デス~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック