節話§五十肩・・・治った・・・かな?

去年5月末だったか6月頭に発症したと推定される我が五十肩だが、
このところ、それまであった痛みがなくなったようで、どうやら治っ
たような感触がある。

なるほど、ほぼ一年で五十肩というのは治ってくれるのだとはまさに
実感している真っ最中で、同時期に五十肩になった同居人も痛みが消
えているようで御同慶の至りではないか。それはいいのだが、この一
年で上着に袖を通す段取りが変わった。それまで右手から通していた
のを、痛みがでないように、左腕を通してから右腕をという、それま
でとは逆の流れになってしまったのだ。

今はそれを元に戻そうと試みているのだが、どうも勝手が違ってしま
ったようで、五十肩以前のようにさっと着ることができなくなってい
るのだ。慣れというものはまことに奇妙なものである。

そうはいっても、一年間続けてきた左腕を通してからという避難措置
もまた、本人にとっては窮屈な着方だったようで今だに慣れたとは言
えないのだ。

さて、この先に右肩にも五十肩が出現するのかどうか……こればかり
は神のみぞ知るというところで“発症するものだ”という前提で、覚
悟をするしかないだろう。

《老化のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック