ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 板話§六月大歌舞伎〜猿之助襲名披露〜

<<   作成日時 : 2012/06/29 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

亀治郎改め猿之助襲名の六月大歌舞伎も本日無事に千秋楽を迎える。
土日の公演がどうしても取れなかったので、楽日前日に行ってきた。

画像

今回の襲名披露公演では、合わせて三代目猿之助が猿翁を、彼の息子
で俳優の香川照之が九代目市川中車、その息子が五代目團子を襲名す
るという賑やかさである。

演目は『小栗栖の長兵衛』の主役長兵衛を中車が演じ、山城屋坂田藤
十郎が仕切っての襲名披露口上に続いて、四代目猿之助が『義経千本
桜』川連法眼館の場(四の切)で狐忠信を務めた。

中車初役の長兵衛は、俳優としては定評があるものの歌舞伎経験のな
い中車のために用意された芝居で、これはいいものが作られていたと
先人に感謝せねばならないだろう。

歌舞伎をするということを考えずに、むしろ俳優香川照之としての持
てる力を存分に存分に発揮して伸び伸びと演じていた。おかげで気持
ちのいい一時間を過ごせたのである。

さて、口上に続いての四の切だが、これがよかった。2年前の8月に
亀治郎の会で観た時よりも格段の進歩を遂げていたのだ。まずもって
台詞が安定した。一昨年は高い声だけでコントロールしていたのが、
今回は中域の口跡に落ち着きがでてくれていた。

狐のケレンも、前回は一通りという印象だったのが、今回はスピーデ
ィかつシャープさが増して、新猿之助として上々のスタートを切った
と言っていいだろう。

【去年の今日】醸話§二日酔いって・・・何?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
板話§六月大歌舞伎〜猿之助襲名披露〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる