連話§ワタシの酒肴[59]サラダの類

[承前]

肴としては主役になりにくいなあとは思う。あくまでも脇役としての
位置づけがサラダの類ではないだろうか。

サラダといっても野菜だけのサラダから、シーフードが入ったり、生
ハムのような肉類、チーズなどが入ったり、あるいはゴルゴンゾーラ
のようにクセのあるチーズをドレッシングのベースに使ったりする。

野菜だけのサラダは、ドレッシングやマヨネーズでごまかすことにな
るが、やっぱり葉っぱやトマトだけというのはさすがに寂しいものが
あって、やっぱり蛋白質はほしいぞと思うわけで。

ドイツあたりを旅行していると、もうとっくに肉の塊への興味は失せ
ていて、何を食べるのかが悩ましい問題だったりするので、メニュー
上段に並んでいるサラダの中から選んでみることが少なくないのだ。

ツナサラダかなんかがあったりすれば、迷わずに注文するのはいいの
が、ドイツ人という……どこか味覚の感覚が我々とは違っている人達
の手にかかると、巨大な皿に大量のツナ缶からのフレークとこれでも
かの生野菜に辟易しそうになる。

それに加えて最大の問題は、ほぼどんな店でもおびただしいドレッシ
ングがかかっていて、フォークで野菜を持ち上げると皿にはドレッシ
ングの海でござい!文句あっか……という具合なのだ。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック