節話§半夏生~七十二候~夏至

夏至の末候“半夏生(はんげしょうず)”である。

さて、7月1日がやってきてしまった。一日一句でひねったように、
京都では1日から祇園祭が始まる。今日の“吉符入”は、いわば顔合
わせとでもいったようなもので、祭りの関係者が八坂神社に集まって
御祓いを受けるということなのだ。

こうして17日の山鉾巡行を頂点にして、ほぼ一か月に及ぶ祇園祭が始
まると同時に、夏の暑さもまた本格的になっていくのである。

去年から今年だけでなく、当分の間は真夏の節電対策が喫緊にして先
の長い課題なわけで、いくら忘れっぽい日本人であっても、まだまだ
忘れるわけにはいかない。

いよいよ“夏真っ盛り”に突入する。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック