ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 詰話§機内食〜食べるも食べないも〜

<<   作成日時 : 2012/07/11 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヨーロッパまでの飛行時間はおよそ12時間。行きの機内では出発して
2時間ほどで、メインの“昼食”が供され、到着2時間くらい前には
軽い食事が出てくる。

例えば、今月のルフトハンザのエコノミークラスで出されるメインの
食事はというと……

【前菜】スモークサーモン入りマカロニサラダ、シーザードレッシン
グ、沢庵巻き寿司、きゅうり漬け巻き寿司、甘酢生姜

【主菜】鶏胸肉のマスタードソース添え、人参、ブロッコリー、ハー
ブ入りポテトピューレ、または牛肉の有馬煮、御飯

【デザート】新鮮な果物


といった具合で、トレイ一つにうまいことレイアウトされて届けられ
るのだ。それにしても、ずいぶんとシンプルに構成されているものだ
と、海外旅行を始めた頃はワクワク感満載で機内食を待ったこともあ
ったのだ。

しかし、何回か旅行を繰り返し、年齢も重なってくるにつれて、機内
食を食傷するようになってしまった。その食傷も、時としてアイデア
倒れ内容で箸をつける気すら起こさせないほどのものだったりした。
そのたびに同居人と“ホカ弁みたいなのを出してくれれば十分なのに
ねえ……”と言い合ってきたが、そのような気配はない。

あらかじめ地上で調理されたものを、フライトの間というもの温め続
けてきたりするものだから、当初想定したものとは微妙に食感や味わ
いといったものが損なわれてしまうのだ。

それに比べるとホカ弁はシンプルな内容で、むしろ機内食向けではな
いかと考えている。もっとも、上に挙げたようなメインメニューは、
むしろシンプルのように思われ、いつだったかメニューにカツ丼とあ
るのを楽しみに待っていたら、溶き卵はカチンカチンに加えて、らし
からぬカツにぽろぽろのご飯に半分で放り投げてしまった……そんな
のよりは、まだもう少しだけ食べられそうである。

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
詰話§機内食〜食べるも食べないも〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる