節話§鷹乃学習~七十二候~小暑

小暑の末候“鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)”である。

そして次の候は、いよいよ“大暑”となる。この三連休の我が家周辺
も30度の真夏日となった。これから2か月というもの、ほぼ毎日が真
夏日という……じっと我慢の修行のような日々が続くわけで、今年も
去年と変わらぬピーク時節電に耐えなくてはならない。

しかもピーク時は同時に暑さのピークでもあるわけで、電気を使うこ
となしに涼しさを生み出す必要がある。そうした工夫は日本人の得意
とする分野で、だからおそらく今年もうまいこと節電をこなしていけ
ると信じている。

戦国時代、織田信長に焼き殺された僧侶は“心頭を滅却すれば火もま
た涼し”と喝破して果てたが、我々凡人にとっては30度も火のような
暑さという情けなさだが、そこはほどほどに頑張るということで許し
ていただきたい。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック