ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 倫話§女王陛下とMr ビーン

<<   作成日時 : 2012/08/06 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ロンドン・オリンピックの開会式をリアルタイムではほとんど見てい
ないので何がどうだと論評のしようはないが、さすがにイギリスだと
思った演出を2つ。

主役はエリザベス2世(本物)で、現在007を演じているダニエル・
クレイグを従え、ヘリコプターでオリンピックの開会式会場にパラシ
ュート降下(もちろんこちらは偽者)しちゃうというもの。降下した後
は、映像と同じファッションでにこやかにロイヤルボックスにという
ものである。

同じことを我が国のやんごとない人達がやってくれるなどとは想像も
できないことで、そういう意味では洒落っ気と茶目っ気とユーモアの
センスに脱帽してしまう。

もう一つは、サー・サイモン・ラトルがロンドン響を指揮して『炎の
ランナー』を演奏した時のこと。ワンノートのキーボードを必死に叩
いていたのはMrビーンことローワン・アトキンソンで、彼の演技と、
ラトルとの掛け合いもまたイギリスのそれなのであった。

ただし、今回の大会運営は杜撰な面が目立ってしまっているのが残念
である。開会式の行進に紛れ込んだ女性、行進の後になぜか退場させ
られたいくつかの国の選手団、そしてジャッジの問題……こういうこ
とでロンドン大会が記憶されるのだろうか。

【去年の今日】週話§土曜呟き〜広島原爆忌〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
倫話§女王陛下とMr ビーン ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる