節話§蒙霧升降~七十二候~立秋

立秋の末候“蒙霧升降(ふかききりまとう)”である。

相変わらず暑い。30度どころか35度などという東京であるから、幻想
的なが立ち込めるなどということなど起こりそうにはない。

よほど、夜半とかに雨でも降って空気中が湿気だらけになったところ
に、気温差が激しくないと霧は発生してくれないだろう。

我が家は細い尾根筋と谷筋が交互に並んでいる尾根筋の頂上に建って
いるのだが、そういう地形が影響して、朝起きると霧で視界が遮られ
ることがたまにある。白い霧が見慣れている風景を変えてしまって、
いつもよりは長いこと窓の外を眺めたりしているのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック