週話§土曜閑居~ツクツクボウシ~

今年になってツクツクボウシの初鳴きは一昨日の16日のことだった。

カナカナのヒグラシも“秋のセミ”という感じはするが、鳴き始めは
ヒグラシのほうが早くて、我が家のあたりでは8月初めには鳴き出す
ところ、ツクツクボウシは2週間遅れくらいでようやく鳴き始めると
いう感じか。

今年もまだかまだかと思っていたら、一昨日の朝っぱらに鳴いている
のが聞えた。あるいは既に、自分が不在をしている時間に初鳴きして
いたのかもしれないが、あくまでも自分の耳で確認したことである。

ツクツクボウシは秋の季語になってはいるものの、あの鳴き声は夏を
表現していると思っている。ヒグラシが紛うことない“秋”であるな
ら、ツクツクボウシは“晩夏”の存在といえるだろう。

【去年の今日】想話§尾瀬~音楽と心象風景[上]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック