認話§何本の鉛筆やボールペンを・・・

ここまで数十年という間に、いったい何本の鉛筆やボールペン、その
他の筆記用具を消費してきたことかと想像してみる。

こうやって、特に会社でキーボードを使うようになってこのかた10年
くらいなものだが、その間の鉛筆の使用本数は格段に減ったというこ
とは間違いのないところ。

自宅はどうかといえば、休日の買い物で何を買うのかというメモ書き
のためにボールペンを使ったり、ちょっとした覚え書で鉛筆を走らせ
たりするが、自分専用の筆記具はなかったりするのだ。

もっぱら――スティショナリー好きな――同居人のデスクから拝借し
て済ませているのである。まあ、自分のデスクはパソコン用であるか
らして、引き出しも何もない。置きようがないというのもまた事実。

鉛筆を限りなくたくさん使ったのは、中学から高校という時代だった
だろうか。それこそ5cmよりも短くなるまでチビた鉛筆を使ったのだ
った。そんな鉛筆を挟んで長くしてくれるツールもあったりしたし。

実は、シャープペンシルが苦手だったりする。理由は判然とはしない
のだが、何度か使いはしたものの長続きすることなく放り出してしま
ったのだ。筆記用具にも得手不得手があるということである。

【去年の今日】利話§人から見せられるアルバムはなぜ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック