来話§バイロイト音楽祭2013年の予定

開幕前にあれこれと喧しかった2012年のバイロイト音楽祭も8月28日
に千秋楽を迎えた。

そしていよいよ記念年である2013年、ワーグナー生誕200年の予定
が発表されている。もちろん目玉は『ニーベルングの指環』の新演出
上演。演出はフランク・カストルフ、指揮はキリル・ペトレンコとい
うチームである。

残る演目は、今年がプレミエだった『さまよえるオランダ人』と『タ
ンホイザー』それに『ローエングリン』と、指環以外は音楽祭の中の
人が言うところの“オペレッタ”3演目ということになった。以上、
スケジュールはこちらを参照。

2013年のバイロイトでは、祝祭劇場で上演が行なわれない『リエンツ
ィ』や『恋愛禁制』といったワーグナーの初期オペラの上演も別会場
で行なわれ、記念年を寿ぐという雰囲気が充満しそうな様子である。

なお、郵送予約申し込みに加えて、オンラインでもチケットの予約が
可能になったのだが、これはもう繋がってくれるかどうか……可能性
はほとんどあるまい。

2006年のドイツ・ワールドカップのオンライン予約に挑戦して、敢え
なく敗退した身からすれば、それくらいにネットのラインが細く狭く
なっているとしか思えないのである。

《憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック