節話§玄鳥去~七十二候~白露

白露の末候“玄鳥去(つばめさる)”である。

東京では連休前にツバメの飛来がある。なんと、お越しになってから
5か月ほどで再び南へと戻っていってしまうとは……。

さて、次に控えるのは二十四節季の秋分。暑さ寒さも彼岸までという
が、特に暑さに関してはとっくの昔に死語になってしまっている。

それに“暑さ寒さも彼岸まで”という約束事に鑑みると、残暑という
言葉だって彼岸を過ぎたら使うべきではないのではとも思うのだが。
そうすると、今時の彼岸過ぎた夏並みの暑さを何と呼んだらいいのだ
ろうか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック